ヘルス&ビューティ
無料
エロ
動画

悪夢の館(SM小説)

ミディアムテイストの被虐小説をアップしていきます。 それでは・・・淫靡な妄想の世界におつきあいください・・・・

官能小説家 栞(24)

24
 絵里菜が脱ぐのを見ている。
 カーディガンとブラウスを脱ぐと、小麦色の肌が露出する。
 それに白い胸・・・・
 そう、この子も下着禁止とかされてるんだ・・・・
 それからスカートも脱いでソックスだけになる・・・・
 見とれるほどスタイルがいい肢体・・・・
 それから、ソックスも脱いで全裸になる。
 胸とお臍には銀のピアスが鈍く光っている。

「栞は何してんの?」
 京子が苛立った声を出す。
「おしえてやりなよ。絵里菜っ」
 あゆみが絵里菜に命令する。
 絵里菜は、ステージから降りる。
 わたしの横に来てギュッと手を握る。
 冷たい手と細い指がわたしの指に絡みつく・・・

 わたしは絵里菜に導かれるままにステージに上がる。
 そして絵里菜がわたしのシャツの裾を捲り上げる。
「いいよ。自分でやるから」
 でも、絵里菜は首を横に振る。
 彼女たちにそのように仕込まれているんだろう。
 わたしはじっと彼女を見る。
 胸が露出し、首から体操服を引き抜かれる・・・・

 絵里菜の健康的な肌に比べて、わたしの肌の白さが際立つ感じ・・・
 それから、絵里菜は膝をついて、ブルマの両端に指を引っ掛ける・・・・
 それをずりおろしていく・・・
「恥ずかしいよ」
 わたしのアソコの正面に絵里菜の顔・・・・・
 でも、絵里菜はかまわずにブルマを下ろす・・・・
 恥ずかしさで顔が熱い・・・・
「見ないで・・・」
 でも、絵里菜はじっと正面を見ている・・・
 そのまま、ブルマは太腿をすべり、足元に落ちる・・・
 絵里菜の手のうごくままに片足ずつ足を上げてブルマを脱ぐ・・・・

 絵里菜は、わたしの太ももに抱きつく・・・・
 そのまま、身体をこすり付けるようにして、ゆっくりと立ち上がる・・・
 絵里菜の胸の感触がわたしの太もも、陰部、お腹へと上がってくる・・・・
 そして、絵里菜の胸がわたしの双乳を持ち上げる・・・・
「あぁっ・・・・」
 冷たいピアスの感覚・・・・
 そしてやわらかい感覚・・・・
 二人の胸が押しつぶしあう・・・・
 絵里菜も濡れた唇を半分開いて感じている・・・・
 目がとろんとなって、わたしを見る・・・・

 そのまま、わたしと絵里菜の顔が同じ高さになったとき・・・
 絵里菜は少し顔を横にして、わたしの唇に唇を重ねる・・・・
 男の人よりやわらかい感覚・・・・
 そのまま、暖かい舌が入り込んでくる・・・・
 わたしの舌を探るように・・・・
 そして、わたしもその舌に自分の舌を絡める・・・・

「うぅ・・・・・」
 小さく呻きながら・・・・
 舌を絡めてあう・・・・
 お互いに抱きしめあって・・・・
 身体をすり合わせる・・・・・
 背徳の世界におぼれるように私たちはお互いに愛し合った・・・・
  1. 2010/11/07(日) 21:39:18|
  2. SM小説|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
close