ヘルス&ビューティ
無料
エロ
動画

悪夢の館(SM小説)

ミディアムテイストの被虐小説をアップしていきます。 それでは・・・淫靡な妄想の世界におつきあいください・・・・

アカズノ・マ(12) 

12

「いいわ。調教してあげる。
 聖也さんが帰ってくるまでの1週間・・・・
 いやらしい牝奴隷にしてあげる」
 綾菜は鞭を構えたまま後ろに回る。
 そして、しゃがみこむ。

「おしりを上げて・・
 もっと高く・・・」
 綾菜は股の間に鞭を差し込み上に上げる・・・
 早紀さんがそれを察して、
 お尻を上げるポーズをする。
 わたしも早紀さんと同じポーズをする・・・
 おしりを上げて顔を下げる・・・・

「脚を開いて!」
 今度は内股に鞭をあてて・・・・
 わたしは脚を開く、肩幅より少し広く・・・

「ふうん・・・」
 陰部が綾菜の目の前に晒される・・・
 それをじっと見てるのがわかる・・・・

 同性の人にその部分をじっと見られる恥ずかしさ・・・・

「あぁ・・・恥ずかしい・・・」
 小さく声を上げてしまう・・・

「本当に恥ずかしいね。
 こんなに濡らして・・・」
 冷たい声。
「早紀も見てあげて・・・
 恥ずかしいアソコ・・・・
 見られるの好きみたいだから・・・」

 早紀さんが隣から4つんばいでわたしの後ろに・・・

 視線が突き刺さる・・・・
 
「見ないで・・・あぁ・・・」

「見てくださいでしょ」
 アソコに指が添えられる・・・
 そして、あそこが押し広げられる・・・・
 内股を溢れたお汁が伝う・・・

「あぁ・・・見てください・・・」
 もう、恥ずかしすぎるのにあそこは視線を感じて、もっとヒクヒクしてしまう。

「汚いマゾね。
 こんなに濡らして・・・
 早紀っ。
 舐めてあげなさい」

「はい、綾菜さま」
 早紀さんの顔が私のあそこに近づく・・・・
 そしてザラザラした舌が下から上へお汁を舐めとる・・・・

「ひゃうぅ・・・」
 その感触。
 背筋を何かが這い上がるような・・・・
 それだけじゃない・・・
 早紀さんは私のあそこを口でふさいで吸う・・・
 
「あぁ・・・だめっ・・・汚いよ・・・」
 でも、早紀さんは舌を使ってわたしのアソコを舐め続ける。

 わたしは羞恥と快感の中、
 頬を染めて感じ続けた・・・・


  1. 2012/06/10(日) 21:46:07|
  2. SM小説|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
close