ヘルス&ビューティ
無料
エロ
動画

悪夢の館(SM小説)

ミディアムテイストの被虐小説をアップしていきます。 それでは・・・淫靡な妄想の世界におつきあいください・・・・

アカズノ・マ(15)

15
 ギュルゥ・・・
 お腹がすいたときみたいな音・・・
 太股に鳥肌が立つ・・・

「ぁぁ・・・だめっ」

 また注射器がつきたてられる・・・・

 チュルチュルと入ってくる液・・・・

 お腹が重いよ・・・・

「嬉しいんだろっ。
 こんなに濡らしてさ」

 シリンダーを押し込みながら、わたしの秘部に触れる指。

「あぁ・・・無理っ・・・もう・・・」
 最後までおしこまれたのがわかる。
 もう突き立てられないように、前に逃げる・・・

 その肩をつかむ手。

「仕方ない奴隷だねっ。
 じゃあ、代わりに早紀に飲んでもらうよ」
 わたしに渡される注射器・・・・

「はい・・・早紀においしい浣腸飲ませてください」
 わたしの前に4つんばいになる。

「何してるの。
 あなたがするの。
 早紀はあなたの代わりに飲むんだから」
 躊躇するわたしに綾菜は容赦なく言う。
 わたしのお腹を揉みながら、薬液がお腹の中で移動する。
「早紀が飲むまで、排泄させてやんないよ」

 ギュルギュル音が鳴る。
 だめっ。
 ごめんなさい、早紀さん。

 わたしは早紀さんのおしりに注射器を突き立てる。
 そのまま、シリンダーを押す。
 お腹の中に液は吸い込まれていく。

 最後まで、薬液を押し込むと注射器を抜く。

「まだ、残ってるじゃん」
 冷たい目でわたしを見る綾菜。

 注射器に残った液を吸い上げる・・・・
 そして早紀さんに突き立てる・・・
 便意も激しくなってきている・・・

 はやく押し込む・・・・
 もうだめ・・・
 便意は数分ごとにやってくる・・・
 身体に脂汗が浮かび・・・
 太股に鳥肌がたつ・・・

 これでおわり・・・・

 そう思ったとき、洗面器にまたお薬を注がれる・・・

「さっきのは、若葉の分・・・
 これは早紀の分だよ」

 わたしは、ゆるしを乞うように綾菜を見上げた。
  1. 2012/09/30(日) 20:42:29|
  2. SM小説|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
close